スポンサード リンク

領収書と印紙代

では、今度は、別表第一の「課税標準及び税率」の欄を見てみましょう。

ようするに、いくらの額の収入印紙を貼ればいいかということですね。この表に照らし合わせて、印紙代を確認してください。

1.売上代金に係る金銭又は有価証券の受取書で受取金額の記載のあるもの
次に掲げる受取金額の区分に応じ、一通につき、次に掲げる税率とする。


100万円以下のもの-----------200円
100万円を超え200万円以下のもの-----------400円
200万円を超え300万円以下のもの-----------600円
300万円を超え500万円以下のもの-----------1,000円
500万円を超え1,000万円以下のもの-----------2,000円
1,000万円を超え2,000万円以下のもの-----------4,000円
2,000万円を超え3,000万円以下のもの-----------6,000円
3,000万円を超え5,000万円以下のもの-----------10,000円
5,000万円を超え1億円以下のもの-----------20,000円
1億円を超え2億円以下のもの-----------40,000円
2億円を超え3億円以下のもの-----------60,000円
3億円を超え5億円以下のもの-----------100,000円
5億円を超え10億円以下のもの-----------150,000円
10億円を超えるもの-----------200,000円


2.1に掲げる受取書以外の受取書

一通につき-----------200円


10億円を超える領収書って、私の想像の域をはるかに超えています!

印紙代も、200,000円と高いですね。

そんな領収書、切ってみたいものです。(笑)
posted by ryoshusho at 11:18 | 領収書の書き方
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。